Stone Street Winery

ストーンストリートワイナリー
   アレキサンダーマウンテンに広がるKJファミリーのハートランド

 

 Kendall Jacksonの創業者Jess Jackson氏のミドルネームがこのワイナリーの由来で、同名の厩舎をケンタッキーにも所有しています。Alexander Valleyの広大な敷地の中にあるワイナリーとAlexander Valley Mountainの山間にどこまでも広がるヴィンヤード、そして生産数量の非常に少ないシングルヴィンヤードのシャルドネとカベルネソーヴィ二ヨン、どれをとっても氏にとってハートランドともいうべき特別な存在であった事を強く感じさせます。 

 StoneStreetのワインは全て標高1000−2500ftの山岳傾斜地にある特別な畑から収穫されたものだけを使っていて、その葡萄は伝説の醸造家ヘレンターリー女史のMarcassinやPeter Michel等ソノマの特別なワインにも使われています。生産量は少ないもので200cs程度、多いものでも500cs程度と少なく、RPやWSのレビュウでも毎年安定して高い評価を得ています。ワインメーカーGraham Weerts氏は南アフリカ出身の非常に繊細な作り手で、それぞれの畑のマイクロクライメイトを熟知し、それを見事に個性として表現しています。 

 これまで日本への輸出は非常に限られていて、入手困難なワインの一つでしたが、今回正規ディーラーとして日本の皆さんにご紹介させて頂く事となりました。