Trione Vineyards & Winery

トリオネヴィンヤードアンドワイナリー
   トリオネファミリーとスコットの新しい挑戦

 

 Santa Rosaから101を北上しGeyservilleに入ると右手に石造りの瀟洒なワイナリーが目に入ります。1908年に建てられたこの歴史的な建物に数年前にロシアンリバーから移り、すっかり近代的なワイナリーに生まれ変わらせたのがTrioneファミリーです。 

 40年近く前にロシアンリバー付近でブドウのGrowerを始めたHenry Trione、長男のVic,次男のMark、そして孫のDeniseの3世代によって経営されていますが、現在、ワイナリーを実質的に切り盛りしているのはWine MakerのScot Covington氏です。2005年からTrioneのWinemakerを務める彼はMarimarToressEstateやGaloSonoma、AustraliaのPhilip Shaw等で経験を重ね、2001年からMerry Edwardsと共に新しいワイナリーの立ち上げを手掛ける等とても経験豊富で多彩な人物です。 

 30代後半で今年可愛い御嬢さんを授かったScotはこれから益々充実していくものと期待をしています。700acrを誇る彼らのEstateから作られるワインはピノノワール、シャルドネ、カベルネソーヴィニヨン、ソーヴィニヨンブラン、シラー、ジンファンデル、ボルドーレッドと多彩ですが、先ずは07-09とソノマ最高の年を迎えるピノノワールとシャルドネをご紹介いたします。